【発芽玄米追加】玄米をうまく早く発芽させる方法、管理人の裏技も暴露します

発芽玄米ダイエット

発芽玄米の記事をたくさん書いていたら、自分も久々に試そうという気になりました。ですので、ミルキークイーン玄米を楽天で購入し、あの手この手、で発芽させるが・・・真冬の北信越地方では、煮ても焼いても、発芽せんのです(笑)・・・いや、実際には、煮たり焼いたりしませんけどね(汗)そこで、一週間ほど試行錯誤して、何とか合格点に持ってきた方法を暴露します。その前に・・・

冬に発芽させるコツ1

40度くらいのお湯に浸す

最近の台所は、左にレバーをひねると、給湯器が、50度以上のお湯を出してくれますよね?あれをお米の入ったボールに入れて、発芽の準備を整えます。発芽の注意点や重要度としては、水の温度>空気>光 くらいかと。お湯を入れたら、サランラップして竹串やヨウジで空気穴を作ります。(ゴミが入らないように)

そして、最後は、日光や、スタンドライトに当てながら、暖かい部屋で保温、なのですが、雪国では1週間経っても、満足に発芽しない・・・何故かといえば、スグに水温が下がってしまうから、なんですね。昔食べた、あの甘味はどこに行ったと思いながら試行錯誤し、ようやく、「こんなところかな・・・」という所まで来ました。ご紹介します。

【冬の裏技】コタツに入れて保温すると発芽が早いです

くれぐれも、自分が家にいる、部屋にいる時に実践してくださいね。危ないですから。そうです、コタツの中はいつでも常夏。光が足りなければ、小型のLEDライトを放り込んでおく、というのも手かもしれません。これで、一気に発芽成功しました。

追記:どうあがいても、気泡が出なくなったら、それは水温の温めすぎによる、発芽失敗の可能性もありますので、その点はご注意ください。管理人も今、色々調べて、追ってレポートするかもしれません・・・

しかし、それでも、昔食べた発芽玄米の甘みには、まだ少し物足りない・・・

ちなみに発芽の加減ですが、一般的には、発芽させすぎると、栄養も味も落ちるそうですが、僕的には、しっかり発芽させたほうが美味しかった記憶があります。もう、パチンとモミガラをハチ切って出て来るくらいの感じがベストと思いますが・・・ここは、別れる所なので、色々と試してみてください。

購入先についても、いろいろと試してみて、おいしい!と思う所を選んで頂ければと思います。ちなみに、今回、選んだ所は、ちょっとイマイチでした・・・原因は、別にあるのかもしれませんがね。

管理人である私が昔食べて美味しかったのは、京都の舞鶴、京丹後方面の、柴原米穀店という個人商店です。ただし、現在は電話のみの受付で、時期によっては売り切れてしまったり、ミルキークイーンを注文したのに、コシヒカリが来たりと、?、な対応があったりしたことは事実ですが、ここで買ったミルキークイーンが、管理人史上では、一番だったことは事実です。ご参考までに。アディオス!

コメント

タイトルとURLをコピーしました