【簡単&効果的【3Y】ダイエットその2⇛いきなり結論、笑】玄米は全ての肥満を救う。でも、ひと手間かけないと効果半減以上です。

発芽玄米ダイエット

前回の記事はこちらから。

皆さま、こんにちは。3Yダイエッター、山野です。前回は、山野の貧乏学生時代に、この効率的で効果的な無理のないダイエット方法が生み出された、という内容を記事に致しました。

というか、「3Yダイエット」、その正体は、ずばり玄米です。
もう少し出し惜しみしたかったところだけど、3Yは昨日、ポッと出で考えた造語なので「玄米ダイエットプラスひと手間」ぐらいにしておきましょう^^;

スリムバディへの壁1~まず腹が減る!~

とにかく、腹が減る。肥満体になってしまう人間は、食べることがやめられない。甘いものも好き。カロリーが高いものも好きだ。スイーツ、揚げ物、わかる、わかるよ。僕の場合は、大食いと栄養ドリンクだったかと。

新聞奨学生だった時には、新人のくせにドンブリ4杯食べて、上司に呆れられた。その後、とにかく体力のなさを補うために、栄養ドリンクばっかりの、ちょっとヤバイ若者だったと思う。(ちなみに今も栄養ドリンクは欠かせない・・汗)

ただ・・食事の内容に関しては、そんなにアウトではなかったと思うけど、食べたい衝動は、ひたすらにあった。それを一撃で解決してくれるのが、玄米だったのだ。

「何だ、玄米ダイエットかよ、そんなマズいもん食えるかよ!」

「茶色のお米って、ガーリーな女子の私にできるわけ無いじゃん!」

ちょ、ちょっと待ってほしい。始めてしまえば、続けてしまえば、こんなにスムーズな腹持ちのいい=つまり余計なものを食べなくていい満腹感を得られる、主食はないんだよ。しかも、ちょっとの工夫で、だいぶうまくなる!

まず、スリムバディへの第一歩は、余計な空腹感を抑える!これに尽きる。ここは、渋くいこう。

その上でだ。秘策がある。

玄米のマズさ、味のそっけなさを一変させるマジックをお伝えしようと思う。

2段階に分けて話す。

~前半~
まず第一に、大きめのボールに玄米を入れ(ちゃんと測る、例えば3合なら3合というように)、そして水にさらそう。

そして日光や光の当たる所に放置して置く。丸一日。冬は少し長めに、夏は短めに。室温は温かい方がいい。

そうすると何が起きるか。

玄米が泡を吹く。

もう一度言う。「玄米が、泡を吹く」

どういうこと?

続きはこちら

あとがき

・空腹感を満たす腹持ちのいい主食は玄米。間違いないです。
・玄米の地味なイメージや味を一変させるマジックが存在する。これなら女子にもOK。(第三話で解説致します)

コメント

タイトルとURLをコピーしました