計6分で終わる方法を知るか一生わからないか。有酸素運動/酸素を効率的に取り込む方法とミトコンドリアを一気に楽に増やす方法【ミトコンドリア代謝2】

代謝と脂肪燃焼ダイエット

前回の記事はこちらから。

前回のおさらいです。
まず、ミトコンドリアさんという各細胞の中に住んでいる方が、脂肪を燃焼させ、細胞を修復し、若返らせる。

そして、今回は、

1、そのためには、酸素が必要。効果的なのは有酸素運動。それを約30分縮める時間短縮方法アリ。

2、ミトコンドリアをわずか最短1分で増員させる方法をご紹介。

1、ミトコンドリアに酸素を大量に送るには、有酸素運動。それを約30分縮める時間短縮方法とは?

まず、酸素を大量に(できれば長く)体内やミトコンドリアに送る為に必要なことは、有酸素運動です。有酸素運動とは、平たく言えば、ゆっくりとした運動(ウオーキングや激しくない水泳やジョギング、ピラティスやヨガ)のことです。

しかし、これは時間が掛かるしスグ出来ないです。
まず、いわゆるハードな筋トレは、無酸素運動といいます。筋肉は付きやすいけど、脂肪の燃焼や若返りには向いてない。
そこで、無酸素運動とは正反対の、有酸素運動によって、深く呼吸をしながら、スローペースで行うのが有酸素運動で、これが、脂肪の燃焼や細胞の修復(若返り)に効果があると言われております。

そして本題。ダイエットに有効な有酸素運動を、約30分縮める時間短縮方法とは?

本題に入ります。それは、無酸素運動(激しい運動や筋トレ)をまず、先にやる、ということです。・・・あれだけ激しい運動は、ダイエットには効果がないように思わせておきながら・・・これを約五分やる。これだけで、有酸素運動30分と同じだけの運動量になるそうです。

そして、そこから、有酸素運動に入る。期間は20~30分。腹式呼吸で深呼吸でもしながらウオーキングでもしてください。面倒くさい方は、「もも上げ運動」なるものもあります。膝を上げた時、反対側の肘に当てる。コレを交互に繰り返すのです。youtubeにもあったりします。

なぜ、無酸素運動(激しい運動)を最初の5分で行うのか。それは、ミトコンドリアは、最初から脂肪を燃焼させてはくれないのです。体の中にある糖分を先に燃焼させて、その後、脂肪の燃焼に入る。その時間を早めてしまおうということです。でも、その後の脂肪の燃焼には、多くの酸素が必要だから、有酸素運動が効果的です、という話でした。

2、ミトコンドリアをわずか最短1分で増員させる方法をご紹介。

最後に・・・ミトコンドリア自体を一気に増やす習慣を伝授致します。それは「背伸びをする」事。背筋を伸ばすこと。ストレッチなどでもいいです。ほかにも、サウナの後の水風呂、つま先立ちなど、いろいろ説はありますが、危険も伴うので、僕は推めません。(つま先立ちは何とも言えず)

また、一部ふれさせて頂いた無酸素運動も、病気の方や高齢者の方はお控えください。当方としても責任をおえませんので。宜しくお願い致します。

ココらへんを抑えておけば、代謝やダイエットについてズレた行動もなくなってくると思います。
次回記事はこちらへどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました