脂肪燃焼ミトコンドリアで痩せる若返る!【代謝の重要性1】ちょっと難しいけどメカニズムを理解すると若スリムに効果的です

代謝と脂肪燃焼ダイエット

「代謝」この言葉の正体は一体何なのでしょうか。
よく、「代謝が良い」と言われますが、それは、汗をよくかく人や、肌の生まれ変わりが早い人などに使われているような気が致します。

自分なりの解釈では、ひとつは、体にたまると良くない老廃物や毒素を外に出すという意味。そしてもう一つは、調べて見て分かったのですが、「脂肪を燃焼させる」という事も、立派な代謝だそうです。

つまり、代謝を上げるのはダイエットのうち、ということが出来ると思います。だから、健康ダイエット関連記事として書くことにしますね。

まずは、「脂肪を燃焼させる」という意味での「代謝」に欠かせない成分と心がけについて、わかったことを解説致しますね。

脂肪を燃焼させるのに必要な成分は「ミトコンドリア」

ミトコンドリアって、生物の授業では出てきます。主な役割は、「ミトコンドリアは各細胞に運ばれた、酸素を使って、エネルギーを生み出す」ことです。

このことで、各細胞たちは、活性化し、脂肪を燃焼させることでエネルギーを生み出したり、あるいは細胞を修復します。つまり若返るための行動をミトコンドリアさんが働く事で、細胞に活性化もたらすのです。

とまあ、書きましたが、すこしピンとこないか・・・なら、もうちょっと擬人化して書いてみます。

もうすこし分かりやすく書くと・・・?

普段、ミトコンドリアは、いろんな細胞(主に筋肉)の中に住んでいます。そこに肺から血管を通じて、酸素が運ばれてきます。

血管は各細胞に酸素を渡します。酸素を頂いた細胞の中に、ミトコンドリアさんがいて、酸素を受け取ってくれます。そして体内の脂肪を集めて、酸素と脂肪でエネルギーを作り、細胞を活性化し、若返らせます。

なんだか、細胞発電所で働く人みたいです。あるいは、

古びた細胞を若返らせる大工、劇的ビフォー・アフターの匠のような存在でしょうか。

そんな発電所作業員や匠さんをフルパワーで働いてもらうには、酸素というプレゼントが一番ということのようです。それと、余分な脂肪です。

つまり、ミトコンドリアに適切に酸素を送り続けることができれば、ミトコンドリアは、活発に働いてくれます。また、ミトコンドリアを増やす、という方法も存在するようです。
そう、ミトコンドリアの定数は決まってないようです。(つまり行動次第で増える)嬉しいですよね!この二点を知っていれば、あとはそれに向けた行動を取るだけです。

ひとつは、ミトコンドリアさんに酸素を適切に届けるために必要な事、それは有酸素運動です。読んで字のごとく、笑。その、その有酸素運動を、短縮して成功させるコツ。(難しそうだったり、面倒くさそうだったりするので、それをある程度解決できる方法)
そして、2つ目には、ミトコンドリアさんを増やす方法。その最も簡単な方法。

次回はそれについて書きます。こちらです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました